50代の上手な若見えベースメイクのポイントは?

50代になったら、さらにシミ・シワ・たるみなどの悩みが出てくると思います。できるだけカバーしようと、厚化粧になってしまう方も多いのではないでしょうか。実は、厚化粧すればするほど、老けて見えてしまうんです。そもそも、どうして、厚化粧をしたら老けて見えるのでしょうか。厚化粧をすると、肌に透明感がなくなります。また、お肌のうるおいもなくなって、肌の乾燥感が目立ってしまいます。さらに、厚塗りをすると、毛穴やしわが浮き出てしまいます。若見えのポイントは、肌の透明感とうるおい感なんですね。

50代のメイクは厚塗りをしないナチュラルメイクが大切になってきます。そこで、いくつかベースメイクをする時のポイントについてご紹介します。

まずは、メイク前に肌の透明感とうるおい感をアップさせるために、スキンケアをすることが大事です。スキンケア化粧品は「エイジングケア用」、「年齢肌対応」の表示がある商品で、高保湿タイプがおすすめです。さらに、スキンケアの後に、蒸しタオルを顔に載せると、スキンケアの効果が高まりますよ。

ベースメイクはできるだけ化粧品をシンプルに使うことがポイントですが、日焼け止めは必ず使用しましょう。肌の老化の一番の敵は日焼けなので、日焼け止め効果のある化粧下地を選びましょう。

今は、BBクリームなど日焼け止めと化粧下地が一緒になっているものがあり、ファンデーション効果もあるので、簡単にナチュラルに仕上がります。最近ではカラーチェンジファンデーションというのも登場しています。美容液ファンデqiolo(キオロ)は肌につけるとご自身に肌色に合った色に変化するファンデです。qiolo(キオロ)は口コミでもナチュラルなのにカバー力があり、美容液効果もあって使いやすいと評判になっています。

また、気になる濃いシミがあった場合は、コンシーラーを使うのもいいでしょう。コンシーラーは肌より少し暗めの色を選びます。そして、シミの大きさの分だけ、ピンポイントに塗りましょう。塗った後は、指で輪郭を軽くぼかすと、自然な仕上がりになります。

また、パール入りのパウダーは透明感を際立たせてくれるので、若見えの効果があります。ベースメークの仕上げにパウダーをフェイスブラシで顔全体になじませると良いでしょう。毛穴やシワが気になる方もでこぼこ感が目立たなくなるのでいいですよ。

若見えでいるためには、ナチュラルなベースメイクで自然体でいることが一番ですね。