過払い金請求をすることは可能

債務整理を行った後でも、過払い金請求ができる場合があります。しかし弁護士や司法書士に債務整理を依頼していた場合、既に過払い金で借金を相殺している可能性が高いです。しかし例えば自己破産で債務整理が10年以内に行われ、弁護士が過払い金の調査や回収をしていなかった場合などは、過払い金の請求が可能です。
法改正直後に行われた債務整理では、過払い金の請求が行われていないケースもあるので、もし心当たりのあるなら調べてみましょう。着手金や初期費用が無料の事務所もあります。借金の返済に悩んでいる人の中には、債務整理をしたくてもすぐには費用を用意できないという場合もあるでしょう。今は後払いや分割払いに対応している事務所も多く、月にいくら支払えるのか相談することで依頼者に合った支払い金額を決定できます。
債務整理によって借金が減ればそれだけ負担が減るので、まずは相談してみてください。全国対応で無料相談が可能な事務所もあります。直接相談に行くのはハードルが高いとか、色々な事務所を比較したいなら、無料で使える借金減額のシミュレーターもあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
返済能力や財産の有無で選択します。自己破産は借金が免責されますが財産を処分する必要があるため、自己破産によるデメリットが大きい場合は他の方法を選択します。基本的に、収入から生活費や家賃(ローン)を差し引き、3年間(または5年間)で完済が可能かどうかが判断のポイントになってきます。
過払い金の相殺や交渉で借金が大幅に減らせるなら任意整理、自宅を手放さずに借金を減額できる個人再生は、安定した収入や自宅を持っている方に向いていると言えるでしょう。財産がなく3年(最長5年)以内に返済が困難な場合は、自己破産を検討した方が良いと判断されやすいです。それぞれの手続きにはメリット、デメリットがあるので、しっかりと確認しましょう。借金 相談