暑い日に水を撒く「打ち水」は効果ある?

昔からある「打ち水」で冷をとるという方法。本当に水をまくことで冷却効果はあるのでしょうか。
打ち水で土やアスファルトにまかれた水が蒸発するときに気化熱が発生します。気化熱が発生するとその周りの温度を下げることができるんです。
また、水が地面についている状態だと地面の温度が上がりにくくなるため、そのうえを通る風も通常よりも冷やされて涼しく感じるようになります。
さらに、打ち水をするとその部分の気圧があがるので、空気の循環が生まれて風を感じやすくなるという効果も。
このように、実際に打ち水をすることで気温を少し下げることに貢献することが分かっているんです。
打ち水は電気もガスも使いません。水だけあればできますので、簡単に涼がとれる知恵というわけですね。
最近では庭や道路だけでなく、ベランダなどに打ち水をする家もあるようです。
コンクリートでできたベランダは熱を吸収して貯めやすくなっているので、それがヒートアイランド現象となって気温をあげてしまう一因となっているんです。
そして、ベランダのコンクリートで熱せられた熱気がマンションの部屋の中にも入ってくるため、暑さの悪循環になっているんですね。
そこでベランダに打ち水をしてあげることで、ベランダの気温を下げてヒートアイランド現象対策になるだけでなく、マンションなどの部屋の中にベランダで熱せられた空気が入ってくるのを防ぐことができるんです。このとき、ベランダにはすのこなどをおいて直射日光が当たらない状態で打ち水をするようにしてください。また、気温が下がり始める夕方に行うとさらに効果的です。