宅配クリーニングよさらば!

先日引っ越しと宅配クリーニングをしましたが、業者さんに依頼したのは大きいものだけで運べるものはできるだけ自分たちでやりました。荷物や洋服や衣類の移動が一段落したところで、転入届を市役所で出してきました。
予想外のこともいろいろ起こりましたが、誰かがどこかで助けてくれてずいぶん助けてもらいました。
ご近所への挨拶も済ませ、まだ片付けはたくさん残っていますが、がんばるしかありません。
引越しを行うときには、荷物や布団や洋服をダンボールにまとめていく作業は面倒に思っても、やらなくてはいけないことです。ひとつコツをいえば、重くて壊れやすいと思うものは、小さなダンボールに、軽くてかさばるものは、大きなダンボールへ詰めるようにするというポイントです。また、荷物や布団を入れた箱には品名だけでなく、運んで欲しい部屋も書いておくようにするほうが引越しのときにはかなり役立ちます。
普通、引越しに追加料金がかかることはありません。ですが、これは、引越し業者の見積もりが事前にあった場合や自分で申告した家財道具の量が正確な場合です。
引っ越しと宅配クリーニング業者は、作業する時間やトラックの大きさで引越し料金を出しています。もしも、大幅に上回る場合には、追加料金を取られるでしょう。あらかじめ引越し業者の指示があると思いますが、引越しの前日には、引越し時に持っていく冷蔵庫の電源は抜いておくようにしましょう。
抜く理由は、常温に戻して冷凍庫についた霜を溶かして、溜まった水を前もって取り除くことが可能だからです。前もってこうしておうことで、移動しているときに、荷物や布団や洋服や家の中などをぬらしてしまうのを防ぐという効果があります。
我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。
少し前のことですが、転勤による引っ越しをしています。引っ越してきた日、荷物が届けられましたが、濡れているダンボールを発見しすぐに業者に電話をしました。
ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようでそれが流れ出てしまい、誰も気付かないまま荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。
他の荷物や布団や洋服に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、まさか、洗濯機のホース内の水を抜く、という発想はありませんでしたから次は失敗の無いようにしたいものです。多くの方は、引っ越しと宅配クリーニングを契機としてライフスタイルに関わる様々なことを再度見直すことになりますが、NHK受信料を支払うかどうかも今後の対策を考える時です。もし、引っ越しと宅配クリーニング先でテレビがないとすれば受信料を払っても単なる無駄金になるわけで、受信料を引き落としにしている場合は中止の手続きをして、転居後は解約するよう進めていくことをぜひ検討してください。この頃ではもう、一般的な話ではなくなってきてしまいましたが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しと宅配クリーニングに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、という古くからおこなわれてきた習慣があります。由来ですが、どうやらソバの形に掛けまして、ぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですという願いを込めたのと、お側(ソバ)に越してきましたのでよろしくとダジャレも仕込んで新居の近所の人達に振る舞ったり、もしくは配ったりしたと言うことです。賃貸の物件から引っ越す場合には、必ず、退去時の原状回復義務があります。
経年劣化も考慮しなくてはなりません。
入居中に破壊してしまった部分は退去時に修理費用を払わなくてはならない可能性が非常に大きくなりますが、日焼けなど、避けられない変化は回復義務は発生しないのが普通です。いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことが次に住む人のため、そして自分のためなのです。
引っ越しと宅配クリーニングの荷造りは大変なものですが、特にどうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。
まずは上手な包み方を心がけてください。
包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、クッションとしての役割がより高まります。
持ち手がついているものは特に注意が必要で、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。
引越しの前日に必要なこととして忘れないようにするのは、冷蔵庫の排水です。
水の抜き方が分からない人は何はともあれ冷蔵庫のコンセントを抜くべきです。当たり前ですが、中身は取り出してください。
そうでなければ、その日になって冷蔵庫が運べないことになるかもしれません。