借り入れる際の限度額

キャッシングの場合は「キャッシング枠」というものがあり、これはクレジットカード自体のご利用可能額の一部としてカウントされています。最低10万円辺りから、キャッシングからの返済実績によって限度額が増額していく仕組みで、厳密な最高限度額は特にありませんが、普通に利用する限りでは大体30万円程度までは容易に増加させることができます。

消費者金融カードローンの場合は、総量規制という制度の対象となり、借入可能な限度額は年収の3分の1までとなります。それに対し銀行カードローンは総量規制対象外であるため、申し込むだけであれば年収の3分の1以上の限度額で申し込む事が可能です。ただし返済できると銀行側が信じてくれない限り申請が通ることはありませんので、消費者金融カードローンよりも多めに借りることができるという程度です。

キャッシングは原則として一度借りた場合、例え限度額に余裕があったとしても借りている分を返済しない限り再利用は出来ません。一度借りた後に更に借りる、ということができないということです。分割払いであるリボルビング払いが可能になったサービスも幾つかありますが、【プロミス 審査 甘い】ナビのように一括払いが基本のサービスが多く、借り入れた額と利子分を翌月に支払う必要があります。

対してカードローンは分割払いが基本であり、限度額に余裕があれば更に追加して借入が可能です。一括払いが基本のキャッシングの方が金利が高く設定されているため、早期返済できる場合はカードローンの方が安く済む場合があります。消費者金融カードローンは文字通り消費者金融によって発行されるカードローンサービスであり、審査が通りやすく、即日融資可能なサービスが多いということが特徴です。

ただし金利が高く設定されているため、長期間に多額の借り入れを行うということには向いていません。銀行カードローンは各種銀行から発行されるカードローンサービスです。銀行融資よりマシですが、消費者金融カードローンよりも厳しい審査基準のため、安定した収入と信用度が無ければ審査落ちしてしまう事があります。

借入限度額が消費者金融カードローンよりも高く、また金利も低いため長期間に多額の借り入れを行う事に向いています。ただし消費者金融カードローンにある無利息期間が存在しないため、短期間の利用には向いていません。まとめると「消費者金融カードローン」は「短期間で即時にお金を用意する」ことに向いており、「銀行カードローン」は「時間をかけて返済する」ことに向いているという違いがあります。