ホワイトニングの効果はどれくらい?

「歯のホワイトニングを行ったら、芸能人みたいな白くてきれいな歯になれるの?」と、歯のホワイトニングに興味がある人なら思ったことがあるかもしれません。
しかし、ホワイトニングでどれだけ白くなるかについては、その人の歯の質や状態、生活習慣などで差が出てきますし、施術するホワイトニングの種類や方法によっても変わってくるので、「これだけ白くなります」と言い切るのは難しいです。
芸能人やモデルなどの歯が、真っ白に近いきれいな白色をしているのは、ホワイトニングの種類の中でも、特に効果の高い特別な施術が行われているのでしょう。
また、ホワイトニングを受けても、ホワイトニング効果が出にくい人や、ホワイトニング自体受けられない人もいるので、そのような人たちは、「必ず白くなる」と勧めることはできません。
では、なぜ歯が着色してしまうのでしょうか?歯の表面には、お茶やコーヒー、ワインなどタンニンが含まれる飲み物や、ニコチンやタールという有害物質を含むタバコなどによって、ステイン(着色汚れ)が付いています。
また、加齢によって、歯のもっとも外側で半透明のエナメル質は減り、その内側にある象牙質は厚くなっていくので、磨耗されたエナメル質から内側の象牙質の色が透けるようになると、歯が黄色みを帯びて見えることもあります。
ホワイトニング薬には、過酸化尿素や過酸化水素を主成分としており、これらの成分は歯の表面の着色汚れを無色透明に分解するので、歯が白くなるのです。
また、これらの成分には、「ブリーチング効果」といって、歯の内部の色素も分解して、歯の本来の色を漂白します。
さらに、加齢によって変色した歯には、ブリーチング効果の他に、「マスキング効果」によって歯を白くします。
過酸化水素や過酸化尿素が、エナメル質の表面の構造を角状から球状に変化させることで、光の乱反射が起きます。
そして、エナメル質が曇りガラスのように曇り、透明だったものが白く見えるようになるのです。
このように、ホワイトニングには、さまざまな仕組みや方法によって、歯を白く見せているのです。
ホワイトニングを行っても、効果がほとんど出ない人もいます。
例えば、フッ素コーティングしている人です。
フッ素は、虫歯を作りにくくするということで、フッ素が含まれている歯磨き粉は多く販売されていますし、歯科医院でも、定期健診などでフッ素を塗ることがあります。
しかし、フッ素コーティングしている歯には、ホワイトニング剤が浸透しにくい特徴があるので、ホワイトニング効果はあまり得られない場合もあります。
また、着色成分や歯垢が歯にこびり付いている場合も、ホワイトニング剤が浸透しにくくなります。
ホワイトニングを受ける場合は、ホワイトニングについてある程度理解してから受けると安心です。