チョコレートの意外な成分

かつて昆虫の蟻(アリ)が入ったチョコレートという信じられない商品が販売されていました。まさか虫のありが購入しているチョコレートなんて食べたいと思いませんよね。
本当にあの蟻が入っているのかその事実について調べていきました。どうやら、その話は本当のようです。蟻をかたどった”何か”ではなく、本当に昆虫の蟻がそのまま入っているのです。使用される蟻は長野県に生息していた「アカヤマアリ」という蟻。体長はおよそ7mmほどの大きさで、そんなに大きくありませんね。これが大量に配合されていたチョコレートがあるのです。そのチョコレートの製品名を紹介しますね。
蟻入りチョコレートは「チョコアンリ」という製品名で、1950年代の後半に製造されていました。主にアメリカに向けて輸出され、国内でも関西方面で販売されていたとのこと。
チョコアンリの作り方について紹介してきますね。アカヤマアリを油で揚げて塩味を付けた後、20匹ほどの蟻を豪快にチョコレートの中に混ぜ込み、冷やして固めれば完成です。なんてお手軽なのでしょうか。こんなに簡単なのであれば、家庭でもお手頃に作ることができますね。もしも食べたいのであれば、長野県に行って味を採取すると良いでしょう。