あるある!?「約束の日が近づくと憂鬱になる」謎の現象が話題に

ツイッターで「約束の日が近づくと憂鬱になる症状」が話題に。確かにこれは自分にとって経験が多々あります。
私の場合、約束の時が1日1日が近づくにつれて、謎の緊張が襲い掛かります。「面倒だなぁ」から「いやだなぁ」へと段々変化していきます。その日のことを思い出すたびにげんなり。真剣に逃げ出すか約束を断るかを考えてしまいます。約束の時というのは例えば、友人との交遊や病院、面接、仕事、イベント、通販、いやな授業、同窓会、冠婚葬祭など様々です。
さらに約束の日の当日や前日になると緊張が高まり、腹痛に襲われたりします。
では重要な出来事だと思って、いざ心構えをして約束の時を過ごすわけですが、何の問題も気苦労もなくあっさりと終わってしまいます。あの悩みは一体なんだったのか、ということを毎回分かっていても繰り返すわけです。
この謎のプレッシャーを感じる現象は小数派だと思っていたのですが、かなり同調する人が多いみたいで、同じ悩みを抱えている人は多いみたいです。この現象とは無縁の人から見れば、不思議に思えるかもしれませんね。対策としては、そのときが来るまで何も考えないのが一番良いと思います。その約束のことを妄想すると、よく分からない不安や失敗する未来を無意識に想像してしまうから、このようなことが起きるのかもしれません。
コロナの影響があるから無用な外出は控えているけれど、買い物にいくにはやっぱり紫外線対策は必須かなって思いますよね。ただ肌が弱いので少し抵抗がありペタペタ塗りたくないんです。
そんなときに見つけたのが飲む日焼け止めっていうやつ。
ホワイトセラミドの口コミを見てみるとすぐに効果を実感するのは難しいかも。とりあえず早めに飲んでおけばいいのかなって。
人がいないところへ行くならいいかな~~~